会長挨拶

[画像]会長

一般社団法人 大阪府薬剤師会 会長 藤垣 哲彦

大阪府薬剤師会は明治23年1月に誕生し、120年余の歴史を歩んでまいりました。

明治維新直後、明治政府により「薬剤師」の制度がドイツから導入されました。当初は、5年制の薬学教育から始まり、社会環境等の問題もあり3年制の時代を経て、その後、永らく4年制の時代が続きました。
そして、医療技術の進歩や医薬品開発の進展により、医薬品の有効性・安全性の確保が社会的要請となり、平成18年より薬学教育も6年制となりました。

現在、大阪府薬剤師会は8,000名を超える会員で構成され、薬局、病院・診療所、製薬会社、医薬品卸、行政機関(保健所)等幅広い職域で、薬剤師としての業務に取り組んでいます。

少子高齢社会の到来で、世界に冠たる皆保険制度を維持するために、いわゆる団塊の世代が75歳を迎える2025年(平成37年)を念頭に置いた社会保障制度のあり方が見直されつつあります。「自助」・「共助」・「公助」の適切な組み合わせを基本として、地域においては医療・介護・福祉・子育ての体制づくりがますます重要になってくると思われます。薬剤師会では、お薬手帳を活用した医薬品の適正使用はもちろんのこと、病気にならないための習慣づくりや病気になっても重症化させない健康づくりの推進にも力を注いでまいります。

国民一人ひとりが、「かかりつけの薬局」をもち、医薬品や健康に関わることなら何でも相談できる「かかりつけの薬剤師」を決めておくことが自らの健康を守るためには大切であり、医療の安心・安全の確保につながります。

大阪府薬剤師会では、府民の皆様に、今話題になっている医薬品や健康に関する情報を数多く提供してまいりたいと考えておりますのでご活用いただければ幸いです。

ページの上部へ